So-net無料ブログ作成
検索選択

ガブリエル(月の近地点/ペリジー)について [ディレクション]

5月の記事で
私のP月がガブリエル(月の近地点/ぺリジー)に合で
T冥王星も乗っているけど何が起きるでしょう?
特別な気付きがあったらまた報告します、と
書きました。

気付き、というか特徴的な出来事があったので報告しますね。

思いがけず、神道に関わる方とのご縁が続きました。
山羊座海王星世代の、若い方も含みます。
神様にすがって開運しよう、という今どきのノリではなく
もっとシリアスに日本を憂えているのです。
たとえていうなら
<ひふみ神示>を実践しているような方たちです。
でも今は震災や原発で日本中が危機感を持っているときなので、
<ひふみ神示>などの預言はもしかしたら
ひそかなブームになっているのかもしれないですね。

月の遠地点がリリスという悪魔の名を与えられているのに対し、
近地点はガブリエルという天使の名を与えられています。

「でも天使って他にもいるでしょう?ミカエルとかラファエルとか、、、
なんでガブリエルなの?」と思っていました。

調べると、天体や12サインには支配する天使がいるようです。
ガブリエルは月を支配する天使のようです。
なので月の近地点の別名がガブリエルなのは
ここから来たのでしょうね。

太陽 ミカエル
金星 アナエル
火星 サマエル
水星 ラファエル
月  ガブリエル
木星 サキエル
土星 カッシエル

このような対応になっているようです。

大天使ガブリエルは預言、ガイダンスを司る天使です。
聖母マリアに受胎告知をする天使、
審判のカードに描かれている
ラッパを吹く天使もガブリエルです。
ジャンヌ・ダルクに啓示を与えたのも
ガブリエルだと信じられています。

いちばんモチーフになっている天使ですね。

なのでP月がガブリエル合のタイミングで
神道や神示など預言に関わる人と出会うことが多かったのも、
感受点・ガブリエル効果のひとつかもしれません。
T冥王星も合のせいか、終末を予感させる重いものですが。

岡山県は岡本天明や黒住宗忠の生誕地で
神示、啓示と縁が深い土地柄です。
その地の大原美術館に
エル・グレコの「受胎告知」があること、
偶然ではないのでは、と感じています。
日本にあるのが奇跡といわれている名画です。

「なんでガブリエルは月に対応してるの?」と疑問でした。
天使は中性ですが
大天使ガブリエルは美しい女性(美少年?)の姿で描かれていますね。
処女マリアの部屋を訪れるのは、たとえ天使でも
男性として描くのはまずかったのでしょうか。
女性、そして受胎告知の天使なので子授けにも関連づけられて
月の支配天使になったのかもしれません。

これは松村潔先生の
「日本人はなぜ狐を信仰するのか」に書かれているのですが、
コプト教会のキリスト教徒たちはアヌビス神(冥府の番人)をガブリエルに
置き換えたそうです。

ガブリエル、実は犬なのです。

アヌビス→ダキニ(ジャッカル)→中国で狐に変換され、日本で稲荷と習合
という流れなのだとか。

ケルト地方でも空を翔る幽霊犬、妖怪犬(顔が人間、体が犬)の群れを
「ガブリエルの猟犬群」といいます。
「七鳴き」といって死を予兆する不吉な泣き声の伝承もあります。

犬は月とは関係が深いです。安産のご利益があると信じられています。、
それと同時に生と死の境界、異界との境界線を守る動物です。
タロットカードでは愚者のカードと月のカードに
吠えて危険を知らせる犬が描かれています。
稲荷信仰においてもお稲荷さんは穀神の眷属ですが
同時に異界との接点でもありました。

話を占星術に戻せば、感受点ガブリエルは異界との接点で
その予兆、前触れを知らせてくる場所なのでは、と思えるのです。
異界というと恐ろしげですが、芸能界、角界などといった
未知の業界、領域である場合もあるでしょう。

私たち東洋人は動物に聖なる力を感じます。
今は平気でペットを処分する人が増えていますが、
それでも、
「彼との出会いは、去年死んだ愛犬が巡り合わせてくれたのですか」
「この子が病気になったのは、私の身代わりになってくれたのでしょうか」
そんな風にペットを語る人は多いです。

愛犬や愛猫が、飼い主と誰かを引き合わせたり、
飼い主の身を案じて身代わりになるといった
不思議な能力を持つかどうかは正直なところ、わかりません。
しかし、ペットは飼い主の運気、家の機運に寄り添い、
前触れ現象のように病気になったり
死んでしまうことがあります。
逆にペットを家族として迎え入れるときも節目のときで、
「この子がやって来てから、変化した」
と思い当たることは多いようです。

愛するペットであると同時に、何か不思議な力が備わった存在のようにも感じている。
動物によってもたらされる、予兆、予感、前触れ。それはガブリエルの力なのでは。
受胎告知のように美しい天使の姿で現れ、人間の言葉を話してくれたなら
わかりやすいですが。

私のケースですが、
2006年のお正月のことです。
紙婚式のお祝いに父と母からもらった
重箱を、飼っている猫の一匹が
カウンターの上に跳び乗り、
下に落としてしまいました。
角の部分にヒビが入りました。

元旦やお節句の道具が壊れるのは
「不吉なお知らせ現象」であると、
高尾義政氏の「天中殺算命占術」という本で
知っていました。
私は節入りで空亡に入るところだったので
非常に気になりました。
壊れた物を早急に元通りにし、お祓いすることで
災厄を軽くすることが出来る、とあったので
重箱を修理に出そうと、いろいろ調べました。

「あれはもともとそんなに高価な重箱ではないのよ。
修理になんか出したら、すごく高くついてしまうよ。
ちょっとヒビが入ったくらいなら、そのまま使いなさい。
お金がもったいないから。気にしなさんな」
母がそう言ってくれました。

重箱を落とした猫は大晦日にも
窓辺に置いていた水晶を下に落として
割っていたのです。
私は重箱を修理に出しませんでした。
その年の6月、父の体にガンが見つかり、9月に亡くなりました。

猫は人間と同じ次元に暮らしているけれど、
やはりあちらとこちらの境界にいて、私たちにメッセージを運んできます。
わかる人には、それとわかる知らせを持ってくることがあるので、
やはり感性を磨いておくことが大切だと感じています。
お知らせを持ってくる御使い役はは動物とは限らず、
子供かもしれないし、虫や植物かもしれません。

預言、予兆、前触れ・・・正しく感じ取り、謙虚に感じ入り前向きに対処できるなら
未来は変わるのでしょう。

震災以降、「何かおかしい」「ちょっとヘンだな」と
感じている人は多いですね。
過去と同じ夢を見続けるのは
難しく、方向を変えるときのようです。
違和感は新しい展開の前触れをキャッチしている
せいかもしれません。





「狐とアヌビス、ガブリエルという関連では、過去に忘れた罪なども思い出させる。
因果を明確にする」







日本人はなぜ狐を信仰するのか (講談社現代新書)

日本人はなぜ狐を信仰するのか (講談社現代新書)

  • 作者: 松村 潔
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2006/02/17
  • メディア: 新書



nice!(2)  コメント(6)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 6

naoko

すず様、こんにちは。

前の記事のときに、私もそろそろP月がガブリエルを通過と思っていたのですが、
きょうの記事で、そうか、ガブリエルってペリジーというのかとわかり、
早速、astro.comを見たら、ちゃんと正確に出せました。
そうしたら何と、私のP月とガブリエルの合はもう4月20日に過ぎていました。
地震の1カ月後が過ぎたあたりで、正直、今では何にも覚えてません(
泣)。
でも、astro.comをよく見たら、
Osculating Lunar Apogee ("True" Lilith / Black Moon)
Interpolated Lunar Apogee (Lilith), also called 'Natural Apogee'
Interpolated Lunar Perigee (Priapus), also called 'Natural Perigee'
という説明があって、スターゲイザーでは、Black Moonを採用、
通常、astro.comでは、 Natural Apogeeを採用していることがわかりました。
それで、違ったんですね。

過ぎてしまったガブリエルですが、P月は近々Epと、それからドラゴンヘッドの合がありますので、そちらを観察しておきます。

興味深い考察、どうもありがとうございました。


by naoko (2011-07-08 18:24) 

リマーナすず

☆naokoさん、コメントありがとうございます!
私もペリジーの別名がガブリエルということを
今年に入ってから知りました。
実際の位置か、平均値かで度数が若干ずれますよね。
ノードもトゥルー、ミーンがあります。
オーブは接近分離ともに3度くらいとって
観察してみてください。
個人的なスーパームーンなので
心の奥で得体の知れない衝動のようなものが強まるなど
無意識がざわつくと思います。
Ep、ドラゴンヘッドとの合も、気付きがあったら
また教えてくださいね☆
by リマーナすず (2011-07-09 21:26) 

ぴょん

最近のブームにのったかたちですが、日月神示の
関連本、読み始めています。古事記もね☆

松村先生の講座は2時間しかなくてぶっ飛んだ話はなかったです。
テーマは「12サインについて」でした。

火地風水と活動、不動、柔軟のカテゴリーで読んでいくと、
各サインの特徴を掴みやすいというお話でした(例えば火のグループだと牡羊座は活動なので根拠なく突然始める、言いだしっぺ、
協調性がないのでスポーツでいうと山登り、獅子座は不動なので同じ型があればずっと続けられる、感動を維持できる、演劇に向いている、スポーツで言うと体操競技、射手座は常に状況が変化すると嬉しいので、対戦型スポーツがむいている)などのお話でした。

会社を作るのは山羊座、会社を維持するのは牡牛座、会社で社員として
がんばるのは乙女座とも話されていました。

息子はかしこくないですよ~。もう、ぼちぼちすぎてこっちの
頭に虫がわきそうです!

もしかして、すず先生のガブリエルは私の山羊5度の月のあたりですか?
リリスでなくてよかったです☆

by ぴょん (2011-07-11 09:07) 

naoko

すずさま

オ―ブ3度ぐらいで考えたら、現在、P月はガブリエルとEpの狭間です。
でも、ガブリエル、Ep、ドラゴンヘッド、全部12ハウスなので、現象としてというよりは、内面の出来事かもですね。
そういえば、夏至の日から、鎌倉三十三観音霊場めぐり、始めちゃいました。
これも、その影響なのかもしれないです。

by naoko (2011-07-11 10:08) 

リマーナすず

☆ぴょんさん、コメントありがとうございます!
私のガブリエルは山羊座8度なので
ぴょんさんのN月とはゆるーい合ですね。
感受点と天体では、天体の方が実行役になります。
今は冥王星が逆行中でちょうどN月の上ですね。
あの時期はヘビーだった・・・と後から振り返る時期に
なると思います☆
by リマーナすず (2011-07-12 07:59) 

リマーナすず

☆naokoさん、コメントありがとうございます。
今はP月のASC回帰の前の、浄化の時期ですね。
遣り残し、心残り、記憶の彼方に忘れ去っている
いろんなことがnaokoさんの手元に来ています。
鎌倉三十三観音霊場めぐり、良いですね~
テーマとしては符号していると思います。

by リマーナすず (2011-07-12 08:08) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
オーストラリア大陸