So-net無料ブログ作成

個人秋分について [トランジット]

トランシットの太陽が蠍座に入りましたね。
私は出生の太陽が牡牛座0度にあるので
先日、個人秋分を迎えました。

個人秋分とは、出生の太陽にトランジットの太陽がオポジションになるタイミングの
ことで、誰でも誕生日の半年後に訪れます。一年の折り返し地点です。

久々に<Planet in Transit>のSun Opposition Sunのページを開きました。
改めて読み返すと占星術のロジックに忠実に書かれていることに気づきます。
この本が書かれた頃(1976年)のHand氏は心理占星術の研究家であり
心理学的な視点からのアドバイスが素晴らしいです。

少し大げさというか、厳しすぎるくらいの説明がされています。

要約すると
①他人の野心と自身の野心との間に抵抗が起きる。対人関係が難しいとき。 
②怠慢に注意。しっかりと準備すれば成功するが、そうでなければ
 全てにおいて正しい結果を出すことが難しい。
③独りよがり、傲慢な態度、天狗になることを避けなければ
 これまでの過程がふりだしに戻る。
④新しい事業に加わることは良くない時期。
⑤全てにおいて相互作用がきわめて大切。

誰しも年に一回、個人秋分を迎えますが、
人によっては太陽サインが司る部位の弱点が出やすいようです。
私の場合は出生の太陽付近に土星があるので、誕生日の頃や
今の季節は耳鼻咽喉のトラブルに見舞われがちに。

オポジションはスタート地点から一番遠い場所です。
ここからまた元の場所へ還っていきます。
鷹匠と飛翔する鷹がいちばん遠く離れるポイント。
鳩の群れの中に迷子の伝書鳩を見ることがありますが
本来の役割を見失って戻ることができません。
オポジションもそういう状況に陥りやすいのではと思います。
到達点を過ぎても気を緩めず、さらに心を引き締める必要があります。

⑥今一度、人生における軸、構造を作ること。いろいろな手段で仕切りなおすこと。

私自身のここ最近の出来事として、子どもたちの勉強や生活態度のことで
夫と対立していました。夫は口うるさく注意することが大切という意見ですが
家庭内の仕組みをまず作っていくことが大切だと気づかされました。
当然ながら、子供を思う気持ちはお互いに同じなのです。

飛ぶように毎日が過ぎていくなか、占星術を学んでいて良かった。
個人冬至に向けて心機一転、進んでいこうと思います。


nice!(6)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 6

コメント 2

りめ

すず先生、お久しぶりです。

今年はすず先生に太陽回帰図を見てもらったため、
回帰図を意識して過ごしています。
そこで気づいたことを報告させてください☆

先日、回帰図の月(獅子座9ハウス)に、T太陽が合になりました。
こういうときって、何か起きるのかな?と期待していたら、ここのところ抱えていた不安がどばーーーーーっ!と出てきて、一日泣いていました。とほほ。
でも、気持ちが浄化されてる実感がありました。
今年の回帰図の月は、金星、海王星とそれぞれ150度、火星とも180度と、なかなか派手だったのも関係あるのかな、と思いました。


すず先生のブログを見て、個人夏至、個人秋分、個人冬至もチェックしてみました。
すると今年は、
・個人春分・秋分・冬至:太陽が1ハウス
(個人春分と個人冬至では、太陽ASCが合)
・個人秋分:ASCに天王星がドンピシャで合
・個人冬至:ASCにドラゴンヘッドも合。

…というわけで、徹底的に1ハウスな年、
かつ、獅子座な年なのかな?と思いました。
ネイタルで1ハウスにも獅子座にも星がないので、使い方がイマイチよく解りませんが^^;
なんだか、使い方の解らない魔法の呪文を教えられたペーペー魔法使いの気分です(笑)

個人秋分以来、いろいろ悩ましいことが多いので、
冬至(日食の日ごろですが)で切り替えられるといいな!と思ってます。
by りめ (2017-08-05 00:32) 

リマーナすず

☆りめさん、コメントありがとうございます!

お返事遅くなってゴメンなさい。

>先日、回帰図の月(獅子座9ハウス)に、
>T太陽が合になりました。
>こういうときって、何か起きるのかな?と期待していたら、
>ここのところ抱えていた不安がどばーーーーーっ!と
>出てきて、一日泣いていました。

シェアしてくださってありがとうございます!回帰図の月にt太陽が重なると内面に光が当たります、虫干しのようなタイミグで
いろいろ発見がありますが、ときにはどばーっと押し隠していたものが出ることもあります。t火星もピッタリきていますね。
焦燥感にかられやすかったのかもしれません。
私も回帰の月にt太陽がやってきたとき、自分の内面と向き合うようなことがありました。9ハウス、なおかつt木星がそばにあったせいか、その日はちょうど天河神社でのんびり過ごしていましたよ。
>・個人春分・秋分・冬至:太陽が1ハウス
>(個人春分と個人冬至では、太陽ASCが合)
>・個人秋分:ASCに天王星がドンピシャで合
>・個人冬至:ASCにドラゴンヘッドも合。

1ハウスや太陽が強調されているときですね。
何より本当に望む方向に向かっていくことや
ほかの人のことより、自分のことにめいっぱい
エネルギーを注いでくださいね。
活力が再生されます。

今度の日食はIC付近で起きますね。
何か発見があったら教えてくださいね!

by リマーナすず (2017-08-08 02:17) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

オーストラリア大陸