So-net無料ブログ作成

火星逆行について [トランジット]

今年は火星の逆行があります。
6/27に逆行を開始し、8/28に順行に戻ります。
度数は水瓶座9度-山羊座28度。
この度数域がレトログレードシャドウになります。
牡牛座の初期度数に天王星がトランシットしているので
火星-天王星のスクエアが形成されます。
正確にアスペクトするのは、5/16、8/2、9/19。

活動サインの終わりと不動サインの初期度数に
天体のある人は影響を受けやすいでしょう。

私は牡牛座0度に太陽があります。
先日、奥歯周辺の歯茎が少し腫れたので
歯科を受信したところ、親知らずがあるとのこと
抜歯をすすめられました。
火星-天王星は手術に関係あるので
なるほど抜歯という出方か、と思っていたところ
同じく水瓶座0度に太陽があるHさんが
親知らずの抜歯をする予定だ、と教えてくれました。
下あごで横倒しになっている、という状態まで同じでした。
私は今のところ全く痛んでいないので保留しているのですが
Hさんは「この際、口の中を大改造する!」と言っていました。

天秤座の終わりに太陽がある人は4月ぐらいから
人間関係のトラブルに悩まされていました。
火星-天王星には時間短縮の意味があり
いろんなんことに関して、思いきった手を打つという
状況がやってきます。

古典的なルールにおいて火星逆行中の
手術は避けた方が良いということになります。
ただ天王星がスクエアでかかるので
急がなければならない状況も予想されます。

 


nice!(5)  コメント(5) 
オーストラリア大陸