So-net無料ブログ作成
検索選択
占星地図 ブログトップ

出会いの日時 [占星地図]

「福井県の若狭高浜町と大阪府の富田林市に
天体ラインが通ってないかみてください」

と尋ねられました。

<人生を変えた運命の彼>と初めて出会った場所が若狭高浜町、
過ごした場所が富田林市なのだそうです。

「いや、いくらなんでもそこまで詳細には出ないって・・・」と思って
出してみたら、思いきり通っていたのでビックリでした。
sachikomap2-1.jpg
このMAPはネイタルやプログレスではなく、
<彼>と出会った日時、場所で作成したものです。

出会いから15年が経過した現在でも
色褪せない気持ち。

彼女にとって<彼>との出会いとは
人生を、「彼と出会う前」と「彼と出会った後」で
はっきりと区切れるほどの
大きな意味を持つ出来事だったのだそうです。

しかし、なぜベスタなんだろう?
ベスタは義務、禁欲、処女性、奉仕などを意味する小惑星です。
私は、普段はベスタをチャートに表示しません。
あまり重要性を感じていなかったのです。

彼女の出生図です。
sachiko-4.jpg
ASC,ベスタ、土星、金星でタイトなGトリンで
チャートの中でベスタは強められています。
土星、金星は対人面、恋愛面では臆病で引っ込み思案な性質を
表すことが多いのですが、ベスタはこの性質をさらに複雑に屈折させます。
sachiko-5cps2.jpg
5重円にしてみました。内側から
1彼女のネイタル 2彼女のプログレス 3彼のネイタル 4彼のプログレス 5出会った日のトランシット です。

彼女は当時、プログレスの新月期。
この時期は今後30年間の道標となり得るような
大きな出会いが起きることが多いです。
P月はN天王星とトライン。
気分が刷新され、生活が変わる時期です。

相性としては
彼女のICに彼の金星が合。
これは夫婦や親子の相性によく見られるのですが、
魂のルーツ、源流が同じなので、親しみやすく
もとは一つだったという感覚、
相手を自分の半身のように感じます。

出会った日の月は彼女のMCと合、彼の金星とオポジションです。
また出会ったとき、彼のP金星、彼女のN金星はトライン。
お互いに、惹かれあっていたのでしょう。

けれど彼女の月、冥王星の合に対し、彼のN太陽がスクエア、
彼女の金星土星コンジャンクションー木星スクエアに
彼のN月が巻き込まれるなど、重い相性もあります。

二人は付き合うことはなかったそうです。

彼と彼女は激務の病院で勤務していた同僚という間柄だったとか。
同期が次々と辞めていくなか、彼がいたから働き続けられた。
心身ともにつらかったけれど、この経験のおかげで彼女は
その後、どこの病院へ行っても通用するスキルを身につけることが
出来たのだそうです。

思うに、彼は彼女にそこまで思われていたなんて、
多分、気付いてなかったのでは、と感じます。

金星、土星の愛情表現は控えめですし、なおかつ
ベスタが関わるとさらに伝わりにくくなってしまう。
積極的なアプローチはせず、心の中で崇高な想いにしてしまう。

よく仕事など義務やつらいことを一生懸命頑張ること、
それが家族(恋人)への愛情だ、という考えがありますよね。

直接的でないし、ストイックすぎて伝わらないことが多いです。
またそういうタイプは恋愛の機微や相手の心境の変化にも疎いものです。

結ばれなかったけれど
彼との出会いが、今後、彼女が進む道を指し示しています。
(P新月の度数にあるP太陽とTベスタがセクスタイル。
自我が使命を自覚し、明確になります)


ギレンの法則で、MCやASCが重要視されているのが疑問だったのですが
MAPを見るうちに、その理由がわかりかけた気がします。

チャンスの女神は今居る場所をすぐに通りすぎてしまうのです。

トランシットのMCやASCは重要、そこでネイタルで強調されている天体が来たら
何かが起きる、と考えて行動してみようと思います。
それがもしマレフィックだったら、じゅうぶん用心することも
必要です。


占星地図③ [占星地図]

占星地図の続きです。

ネイタルでは何も通ってないけれど、プログレスで水星MCのラインが
関東を通った時期、私は結婚して東京に引っ越してきた、
ということを前々回にお話しましたが、

同じケースの人がいました。

出生図ではアングル近くに天体がないので、
日本近郊にラインはないのですが
進行図では通っています。
sachiko-MAP.jpg

この時期(プログレスの満月期です)、彼女は韓国人男性と結婚し、
現在、釜山在住です。

朝鮮半島を金星、土星のラインが通り、
釜山には木星ラインが。
もともと出生図に金星、土星の合に木星の90度があり、
Mapにすると金星ラインのそばには土星ラインも通るので
文句なしに幸運な場所か、という必ずしもそうではありません。

言葉も違い、いろいろ苦労もあると思うのですが、
あまりに自然に暮らしていて、外国に来ている感覚もないそうです。

あと外国の芸能人に夢中になって、もうそこに移住しちゃう!という勢いの人も
その国のあたりがパワーゾーンになっているケースが見られます。

好きなこと、夢中になることには、理由があります。

私の友人も香港スターや香港が大好きで、リロケーションしたことがあります。
ネイタルの9ハウスで金星、木星の合を持ち、その場所がMapでは香港でした。

彼女はMC-ICに土星-海王星の衝を持っていたので、その場所が日本でした。

仕事では何度、転職を繰り返しても忙しすぎる、報われないというパターンを繰り返していた彼女は
香港へ飛びました。

けれど広東語をろくに話せず、知り合いもおらず、勤め先は日本食レストラン。
上司は今までのパターンと同じ、抑圧的で犠牲を強いる日本人。
同僚もルームメイトも気の合わない日本人。
仲良くなれそうな東南アジアからの従業員もいたのですが、上司から
「彼らを信用してはいけない」と必要最低限の会話以外は禁止されていたとか。

朝から晩まで働き、休みはなく、逃げ出したくてもパスポートは会社が預かっている状態。
友人は何とかパスポートを取り返し、日本に戻ってきました。

彼女が香港に行っている間、悲壮な手紙が何度も届き、長い期間に感じられましたが
振り返ってみれば、その期間はたったの半年。

土星-海王星パターンから逃れられなかったのか。もう一度チャレンジすれば
また違ったのか。
旅行で訪れるのと、そこで暮らすのとでは当然ながら意味合いが違ってきます。

友人は今は日本で働いています。上司や異常な忙しさなど同じパターンの苦労をして、
あきらめつつもストレスを感じている日々です。

どんなに良い場所であっても、その場所に根をおろすまでは苦労だと感じます。
それが外国であれば、なおさらです。
その苦労に対して、やりがいや楽しさを感じられるかどうかに
尽きるような気がします。




占星地図② [占星地図]

今月は10回更新するぞ!と決心していたのですが
このペースではどうも厳しいような(汗)

占星地図の続きです。

MapだとASC-DES、MC-ICにコンジャンクションする天体があると
出生地の近くにこれらの天体ラインが通ります。

持って生まれた資質、生い立ちが運気に強く作用します。
もちろん、誰もがそうなのですが、その作用の強さが当たり前なので、
無自覚になりがちです。

客観的に見たり、離れたり、変えたり、ということがしにくいのです。
世代を超えてずっとずっと受け継がれてきた流れに、自分もまた乗っていく。

良い流れの場合もあれば、貧困、虐待といった悪い流れの場合もあります。

アングルの軸にマレフィックがあれば
暴力と極限状態の場所が<家庭>ということも。

私たちは物心つく前の扱われ方を外界に反映させたり、最初に家庭で与えられた役割を未だに
気付かず演じているものです。

リロケーションで、持って生まれた資質が変わるわけではありません。
むしろ、自分にとって好ましい資質を積極的に発掘するために
移動する、という考えです。
運命に無自覚に従うのではなく、積極的に関与していく。

前回取り上げたアメリカに移住した方の息子さんの出生図です。
yutaka1.jpg
yutaka-map2.jpg
ASCに土星、DESに冥王星、MCに火星、天王星が合なので
日本にそれらの天体のラインが通っています。
父親の厳しさが性格に影を落とします。
ポジティブにとらえるとどんなプレッシャーや困難にも慣れっこになるという
逆境に強い人格を手にするという面もあります。

けれども幼児の頃から土星-冥王星にさらされるのって、やはり厳しいなと思います。
そんな人はいくらでもいるのですが、話を聞くとちょっと壮絶です。
生い立ちが深刻な人は、独特の経験則や根底の強さを持っていますが、
やはり心の中に柔らかい部分が傷ついたりスポイルされていることが多いです。
yutaka-ny.jpg
リロケーションチャートです。
アングルから土星、冥王星、火星、天王星が去りました。
消えてしまったのではなくチャートの別の場所に移動したのです。
チャートの印象が大分変わりました。木星がカルミネートして少し<過保護に>なっています。

旅行に行くことは無理でも、パワーゾーンの場所の文化に触れたり、
そこに住む人と交流を持つということでも
天体エネルギーを受け取ることが出来ます。
文字通り、世界が広がるのです。
ホロスコープは世界地図に当てはめることも出来るし、
自宅に当てはめて風水のように使うこともできます。
もちろん人体にも当てはめられます。

いろんな形で活用してみると面白いです。





占星地図 [占星地図]

最近、Map(占星地図)が楽しいです。

初めてMapを見たのは、占い雑誌エルフィンに載っていた
真弓 香さん監修のコンピュータ診断
<アストロ・カート・グラフィ>に申し込んだとき。
かれこれ15年くらい前です。

一緒に申し込んだ友人は
送られてきたアストロ・カート・グラフィを見て、
恋愛のチャンスに恵まれる金星ラインが海の上だったので
すごくがっかりしていました。

「飛行機とか船の中で出会いがあるのかもよ?」

フォローしながらも、私自身も
日本に惑星ラインが通っていないことに
ちょっと凹んでいました。

説明書では<どの程度その場所に留まれば効果が出るか、ということは
わからない>とあり、なかなか利用しづらいなあ、というのが実感でした。

<アストロ・カート・グラフィ>は商標です。
占星地図は今ではStargazerのMap機能でカンタンに出力できるので
時代は変わったなあ、とつくづく感じます。

惑星ラインはどうせ日本を通ってないし。
海外旅行にも行かないし。

と、自分のMapは長い間、チェックしていませんでした。

けれど、出生図では確かに日本にラインはないけれど、
進行図ではどうだったんだろう?とチェックしてみたら
ちょうど結婚して大阪から東京に引っ越してきた時期、
関東に水星ラインが。
kanntou.jpg
進行図は期間限定ではありますが、
効果が期待できます。
私の場合、東京に越してきてから2年ぐらいの間に
雑誌やコンテンツの文章を書く仕事をするようになりました。

旅行でも引越しでも、成り行きってありますよね。
場所に呼ばれている、という感覚です。
旅先で、その土地の持つ<気>がすごくウェルカムで、ああ嬉しい、
来させてくれてありがとう!って気持ちになること・・・
誰でもあるのでは、と思います。

進行図だけではなく、家族の持つ運命によって
その場所に引き寄せられるということも多いのでは?と感じます。
両親がそうとは知らずに子供の才能を開花させる場所にリロケーションする事例は
探せばたくさん出てくるのでは。

ニューヨーク近郊に移住した家族のケースです。
oyakosannjyuuen.jpg

内円が母親、真ん中が父親、外円が子供です。
父親の木星と母子のドラゴンヘッドが合といった相性です。
前世という観念を持ち込むなら、母子は同志的なカルマを持つ魂どうし、
父親は二人を保護・援助するといった相性。

ニューヨークは父親と子供の木星ライン、母親のドラゴンヘッドのラインが通る場所です。

父親
otto1.jpg
母親
map.jpg
子供
musuko-map.jpg
母親にとっては木星ラインの通る西海岸側が幸運なのですが・・・
しかしドラゴンヘッドと関わっているので、前世で暮らしていた土地とまでは言わなくとも
ご縁のある場所なのでしょう。





リロケーションと占星地図 [占星地図]

真夜中にチャット鑑定をしているのですが、
外国在住の方が以外に多く
気をつけなければ、と思っています。

リロケーションチャートを見たほうがよいからです。
私の場合は出生地は大阪で、今は埼玉在住で、
アングルの度数が少し変わる程度なのですが
日本で生まれて、今ロス在住です、とかだと
まったく別のチャートになります。
昨日のお客様のケースだと
P新月が9ハウスで起こっていて
海外に関係することで新しいスタートが云々、と話していたら
今、アメリカにいます、という話になり、経過地をきちんと聞かなかったことを
後悔しました。ロスだとP新月は5ハウスで起こるのです。
その方は幼児教育の勉強をされている方でした。
もともと時間不明の場合はハウス区分じたいが使えないので無理ですが、
詳しいデータがわかる方なら当然、
「リロケーションで開運」というのもあるわけです。
成功したいのならMCに木星がくる緯度経度のところに引越しすればいいのです。
しかし、どの程度そこに住めば惑星効果が現れるかは?です。
アストロカートグラフィの説明書に「早く現れる場合と遅く現れる場合がある」
と書いてあったと記憶しているのですが
東洋占術の奇問トンコウやお水取りの方が効果がわかりやすそうです。
けれど長期間滞在するなら、やはりリロケーションチャートを作成した方が良いと思います。
作成方法は簡単で、出生地データだけ移住先に変更します。

ただ石川源晃先生の著書では
①9ハウス関連が不調和だとリロケーションチャートが良くても
良い効果は期待できないということ。
②その国の中央政府のある緯度経度で作成する。その国の法律や国家の基本的な問題が
不利であれば、その国のどこにいっても不利な影響がでやすい。
ということが上げられています。

②などは、そういうものなのかな?同じ国でも土地柄とかぜんぜん違ったりするじゃない?
と思わなくもないですが、外国暮らしをしたことがないのでよくわからないところです。

夢があるのは占星地図。眺めているだけ楽しいです。いつか海外旅行にいくとき参考にしたいですね。
20090917.jpg
占星地図 ブログトップ
オーストラリア大陸