So-net無料ブログ作成

ヴィーナストランシット [金星]

3月下旬に起きたヴィーナストランシット(太陽、金星、月、地球が合)に向けて
金星(ネツァク)のパスワークをしていました。

新月の日に願望を紙に書き記しておくと実現するというスピテクがありますが、
それとは比べならないくらいの実践力があると感じました。
正直、軽いノリで始めたことだったのですが、
「宝くじが当たるなどして大金が入ったときの使い道」というリストを
紙に書きました。欲望を整理してパスの通りを良くしておくのが目的でした。

結果は、(宝くじは当たらなかったのですが)書いたもののほとんどが手に入ったのです。
自分で買ったものはなく、すべて人からプレゼントされたり譲ってもらったりしました。
これは私のネイタルの金星が8ハウスだということも関係していると思います。
金星のイメージが地上の個人へ持ち込まれるとき、
もともとその人に備わっている鋳型にはまるのではと感じました。
だから、金星が12ハウスにある人ならば、
もっと漠然とした恩恵を受け取るのかもしれません。
人から物を貰うということは、物とともに贈ってくれた人の気持ちをも、ありがたく受け取るということで
より豊かさを感じる要素ですが、人によっては重く感じることもあるし苦手分野である人も多いでしょう。

「宝くじが当たったときの使い道リスト」には
親孝行など「人に○○してあげたい」ということも沢山書いてあったのだけれど
これらは一切、実現しませんでした!
金星は「与えられる力」、太陽は「与える力」ですが、
私は太陽のパスの通りが悪いようです。
なので、今度は太陽(ティファレト)のパスワークに挑戦です。

しかしヴィーナストランシット以降、思いが具現化するのが早くてとまどっています(汗)
こう書くとまるで良いことのように思いますが実際は?です。
心配事、否定的なこと、破壊的なこともいっぱい考えていますからね。
ある意味、危険です。何が起こっても大丈夫、という強さを養う必要がありそうです。

小学1年生になった長女は、学校から帰ってくると毎日
「お友だちをよんで、おうちで遊んでもいい?」
と聞きます。
「急に言われても…(散らかってるし)。今日はダメ」。
そう答えながら、
いつでも快諾してあげられる母親になりたいことだよ、と日々思っていると
いきなり長女の保育園時代のお友だち10人とそのママ6人の計16人の
来客をする運びになってしまいました(汗)
最初はほんの数名で近所の公園で遊ぶだけの予定だったのに!
お隣のママ友には「豪邸じゃあるまいし…」と大爆笑されて。
「こんなに大勢、大丈夫?」とお客様にも心配されて。
でもまあ、なんとかなるもので、楽しく過ごせました。
少し前までものすごくハードルの高かった
「いつでも来客OKな自宅」という思いは今のところ実現されています(笑)

金星のパスワーク③ [金星]

金星のパスを通す方法ですが

① 通念に支配されない。

  人はよく、「普通は…」とか「一般的には…」などと口にしますが、
  それってものすごく狭い範囲の「常識」だったりします。
  とらわれない方が金星の力が働きやすくなります。
  常識のない人に対してもイライラさせられにくくなります。
  イライラさせられる=活力を奪われるってことなので
  「こういう人もいるということだな」と対処法とか付き合い方を自由に考えた方が良いはず。
  恋愛でも「なんで、こんな人と一緒にいるのかなあ?」っていうのがよいです。
  学歴とか年収とか、いろいろこだわっていると恋愛期を逃しがちになります。
  無難な選択というのは、金星の影響を感じにくくさせます。

② 欲望を整理する。
 
  欲望は社会に植えつけられているものが多数あります。
  「不安」とか「ステータス」とか、あと「便利さ」「人の目」とか。
  そういうものとは別に、よくわからないんだけど
  なんだかワクワクするもの、ウキウキするもの、ドキドキするもの、
  「こういうの好き!」というもの、そういうものに
  どんどん向かっていきましょう。
  魂の声は小さいです。えっなんか言った~?ぐらい小さいです。
  それにくらべ、思考の声はデカイいです。その上、のべつまくなしにしゃべり続けます。
  魂の声をすくいあげましょう。常識的や現実的でなくてもOKなのです。
  思いがけない自分の欲求や、幼い頃から変らぬ好みを発見するかもしれません。

③ 規則正しい生活をする。

  別に「早寝早起き朝ごはん」を推奨しているわけではなく、
  自分のリズムを確立することが大事なのです。
  「一日一時間、忙しくても最低20分は、○○(←魂がしたいこと)をする」という
  リズムを作ることです。暇になったら、時間ができたらしようと思っていたら
  いざその時間が出来たところで、なかなか出来るものではありません。
  それは習慣になっていないからです。
  旅に出たいのなら、行きたい場所の写真を眺めるだけでも有効です。
  スケジュールを立てるのはもっと有効です。
  金星の回路は行ったり来たりを繰り返すたびに太く強くなります。

④ 異界へ行き来する。

  異界への入り口は本であったり、映画であったり、音楽であったり、それこそ無数にあります。
  家の中にあること考えられます。ある人にとってはであっても別の人にとってはそうでないことも  
  もちろん、あります。

⑤ 身の回りの物に愛着を持つ。

  全ての物にはエネルギーがあり、今、目の前にある物は自分で引き寄せた物たちです。
  ガラクタなど不用品など自分にふさわしくないものは回路を塞ぎます。
  もう一度、愛着を持ち関係を修復するか、飽きてしまったのならお別れした方が良いです。
  物には物語があります。(作った人、使った人の思いなど)
  物を大切にするということは物に力を与えるということです。
  大切にされた物は持ち主を幸せにします。
  子どもによく遊んでもらう人形とそうでない人形は明らかに表情が違っていたりします。
  よく掃除で開運といいますが、埃に愛を感じるなら、埃はそのままでいいと思います。   
  無関心であることでエネルギーを奪われるし、気にしつつ放っている間も同じです。
  物との関係も見直すと良いです。
   


  


金星のパスワーク② [金星]

金星のパスワークでは、私の回路はかなり通りが悪いのがわかりました。
見渡す限りの海原とか、そびえ立つ崖のビジョンが見え、
結局、先へ進めなかったのでした。

正直なところ、見えたビジョンに関しては、あまり信頼していなくて
「ただの自分の空想(妄想)だろう」ぐらいに思っていました。
ただ、この講座のあとしばらくは朝、子どもを保育園に送っていくのが
すごくラクになったのでした。
ガミガミ言わずとも、子どもたちがさっさと着替えと朝ごはんを済ましてくれ、
余裕の時刻に到着するなど、キツネにつままれたような気分になったりして。
(普段はこの真逆なのです)
まあ、すぐに元に戻ったんですが(汗)

わかったことは、ものすごく些細なこと、しょうもないことで
途方にくれたり、手に負えない感を持ってしまう自分の「思いぐせ」です。
シンクが汚れた食器でいっぱい、とか、洗濯物が山済み、とか、部屋が散らかっている、とかetc…

「好きなことをする余裕はない→ただの気晴らしくらいしか出来ない→本当にしたいことが思い浮かばない」
というスパイラルにはまっていっていました。

これは金星のパス(小径)が塞がっているということです。
金星は夢の実現力に関わる天体です。

金星は、飛び出す力。月は受け取る力。
人体に当てはめると金星は卵巣(精巣)、卵子(精子)、月は子宮です。
金星のパスは卵管(輸精管)に相当します。
ここが詰まっていると自然妊娠は成立しにくくなります。

不妊治療には「通水」という、卵管に生理食塩水を通す痛~い治療があるのですが
痛みには個人差があり、卵管が詰まっているほど痛いんだそうです。
金星のパスを通すことも、この治療と似ているのではないかと思います。
いろいろとネガティブな思い込みや今まで無視を決め込んでいたテーマなどが流れ出て、
一時的につらいかもしれません。
逆に、このパスが強く太い人は夢と現実が一致し、成功しやすい人であるといえます。

金星のパスの通し方ですが、続きます。









金星のパスワーク① [金星]

3月末に、太陽、金星、地球が黄経上で重なるヴィーナストランシットで
太陽-金星-地球の直通回路が出来るので
上手く取り込めるよう今から準備しておいたほうがいい、という内容を
松村先生が日記に書かれていて、
「そういえば去年の秋、金星のパスワークの講座を受けたなあ」と思い出し、
メモを読み返しています。

どういう講座だったかというと、呼吸法とヘミシンクやバイノーラルビートでレベル(変性意識)に入り
自分の金星の回路を調査する、というのを朝の10時~夕方5時までみっちりやるという
ハードな内容でした。

まず金星の回路が塞がっているとどういう状態になるかというと、

①月-金星のパスが塞がり気味だと
憧れや感動を人生に持ち込みにくくなり、ルーティンをこなすだけの毎日になりやすいです。
(タロットでは星のカード)

②太陽-金星のパスが塞がり気味だと、生活が刷新されずリフレッシュしにくくなります。
(タロットでは死神のカード)

③木星-金星のパスが塞がり気味だと、チャンスを怖がり、より大きな波に乗れません。
(タロットでは運命の輪のカード)

④水星-金星のパスが塞がり気味だと、趣味や特技など身につけたものがカタチになリません。
またやりたいことが観念や古い価値観によって阻まれやすくなります。
(タロットでは塔のカード)

当てはまっている人は金星の回路が塞がり気味かも(汗)

続きます




恋する人の金星を演じる [金星]

80年代の中学生、高校生の頃、
私はMyBirtday<マイバースディ>という占い雑誌が大好きでした。
当時はPOF(パートオブフォーチュン)や
金星と火星のハーフサム(愛欲軸。当時は<愛の泉>というネーミングで!)も
特集が組まれていました。
当時の女の子たちはみんながんばって計算してたんですね。
恋のパワーはすごいです。

そして<金星星座で知る彼の好きな女の子のタイプ!>という特集も。
彼の好きなタイプの女の子になれれば、両思いになれると
胸が躍りました。

当時好きだった男の子の金星は双子座でした。
「コケティッシュで機転に富み、楽しい会話ができる人で
クールかと思えば甘えん坊といったように表情がくるくる変る
陽気で生き生きとした女の子」を
必死で演じていました。
ギャ-ギャーうるさくして悪目立ちしてしまい
思いっきり嫌な顔されてしまいましたが…。
本気で金星タイプを演じるなら
アスペクトも考慮したいところです。

相性はアスペクトを見るのがやっぱり楽しい。
金星のサインを下手に演じるよりも
相性チェックする方が良いですね。当たり前ですが(汗)

相性が良いから結ばれるわけではないです。
「え~!よりにもよってなんでまた…」っていう悪縁のカップルは
結構たくさんいたりします。




オーストラリア大陸