So-net無料ブログ作成
検索選択

秋田谷かおりさんの個展のお知らせです。 [その他]

いつも星の研究会に参加してくださっている
秋田谷かおりさんの個展のお知らせです。


<時空を超えて~星と宇宙とスパーク展>

観覧料:無料

会館時間 :6/20(火)~6/22(木)13:00~17:00
       6/23(金)11:00-13:00 
       6/24(土)13:00-19:00
       6/25(日)11:00-15:00 
場所:   ココテラス湘南6F JR辻堂駅
詳細はこちらをご覧ください。



秋田谷さんの絵は色彩そのもののパワーが炸裂しています。
太陽サイン魚座、月サイン乙女座の満月生まれで
9月の日蝕が太陽-月の真上で起きたときに受胎し、
先月ご出産されたばかり。
妊娠中から準備されていたから
作品には赤ちゃんのパワーが宿っているのではないでしょうか。

秋田谷さんのHP
https://kaori-art.works/top/

ぜひ足を延ばしてみてくださいね。

ソラノトビラさんの占星術お話会のお知らせです。 [その他]

ソラノトビラさんの占星術お話会のお知らせです。
テーマはプログレス(進行)。
6月はプログレスの太陽を中心としたお話で
7月はプログレスの月を中心としたお話なのだとか。

満月の月桃茶のブレンドづくりも行うそうです。
参加者さんの火地風水のエレメンツを観て、
足りない資質を足したり、お好みのオリジナル月桃茶を
作ります。

ソラノトビラさんが参加者さんの今の状態と
ホロスコープをつなげてくれるので
占星術がそんなにわからなくても大丈夫。
参加者さんが気楽に心のうちを話せるような
リラックスできる場にしたい、と話されていました。
-----------------------------------------
<ソラノトビラさんの占星術お話し会>

日時:7月2日(日)13:00~16:00

テーマ:心のバイオリズム(興味のある方向性への移り変わり)
     前半: 占星術視点からの読み解きとお話
     後半: 満月の月桃茶ブレンドづくり
場所:「魔女house」
 http://necomajyo.exblog.jp/25682170/
 ‪西武池袋線「西所沢駅」より徒歩10分‬
 ‪西武新宿線「航空公園」西口より徒歩12分‬

‪参加費:3,800円 (お茶とお菓子とブレンド月桃茶のお土産付)‬

定員:6名さま(残席2)

‪ご予約は、こちらからお願いします
ws.formzu.net/fgen/S93791062/‬

どうぞよろしくお願いいたします。

占星術実践講座11 [占星術講座]

6/17(土)実践講座、6/18(日)ハーモニクス講座、
6/21(水)アストロマップ開運ワークは
おかげさまで定員になりました。

ありがとうございました!

Miyukiさんの写真展のご案内です。 [その他]

実践講座や星の研究会に参加してくださっている
Miyukiさんの写真展のご案内です。


<オールドレンズ写真学校写真展Vol.3>


会期:6月9日(金)14:00〜20:00
    6月10日(土)11:00〜20:00
    6月11日(日)11:00〜19:00


場所:原宿デザインフェスタギャラリーEAST 201
   http://www.designfestagallery.com
   東京都渋谷区神宮前3-20-18


Miyukiさんは、柔らかく優しい雰囲気の作品を撮られる方です。
私自身、観るのは好きでも撮られるのはとても苦手なんですが、
Miyukiさんにだったら講座風景やプロフィール写真なんかも
お願いしてもいいかな、と心を動かされています。


Miyukiさんのインスタグラム
https://www.instagram.com/bittersweet_photo_/


もう明日がスタート、という急なご案内ですが
お近くまでいらしたらぜひお立ち寄りくださいね。



ハーモニクス占星術講座のお知らせです② [占星術講座]

6/18(日)のハーモニクス占星術講座ですが
あと2名参加して頂けるそうです。

ご自身のブログで取り上げておられますが、
http://ameblo.jp/yu-dutsu/entry-12280349500.html
たかはしゆうこ先生は金星-海王星が162度という
HN20系列のアスペクトを持っています。

極めてタイトなため、100歳(HN100)まで生きても
このアスペクトは崩れません。
自分の魅力を表現したり、独自のスタイルを発見していくHN5で
金星-海王星はスクエアになります。

金星-海王星がHN5で形成されれば、優しさや思いやり、
人に対する憐み深さ、人類全体への愛、感性の豊かさ、
芸術への愛情などがその人の個性として醸し出されます。

しかしスクエアであれば、
ストレートに金星-海王星を表現することに
難しさや葛藤を感じます。
自分にふさわしい金-海スタイルを見つけ出すことに苦労し
時間やお金、エネルギーを使うのですが、結果として
非常に創造的なことを成し遂げるとされます。
ハーモニクスでは、ハードアスペクトはあまりネガティブに
読みません。
HN20で合として結晶化するまでは
「こういう人間にならなくてはならない」といった
強迫的なパターンとして出ることも。

天体のエネルギーを統合できれば、
Vigintile(ビギンタイル:18度)の持つ、
潜在能力の封印を解く、スピリチュアルな扉を開くという
象意が発動します、
金星-海王星の場合は、イリュージョン能力が開花するとされ
少しの難しさも感じず、自由自在に夢と現実の橋渡しができる
ようになるとされます。

出生図の持つポテンシャルを引き出すことができるのが
ハーモニクスの魅力です。
積極的にアクセスして、眠っている資質を覚醒させたいですね。

当日はアスペクトフォームを持っていきたいと思っています。
強いHNナンバーが一目瞭然です。

お申込みはたかはしゆうこ先生まで
https://www.reservestock.jp/events/186906
どうぞよろしくお願いいたします。


ドラコニックチャートについて [ディレクション]

この間は実践講座で家系を取り上げました。
二人の方に「家系って、ラーメンですか?」と聞かれました。
そんなわけないでしょう(笑)
ラーメン占星術、面白いかもしれません。

先日、三知花先生が来てくださったのですが
最近、ヒーラーさんなどにドラコニックチャートについて
すごく聞かれると話されていました。

ドラコニックチャート(Draconic Chart)については
Pamela・A・F・Creaneという方の著作があります。
読んではいませんが算出方法でその意図は推測できます。

アストロドットコムで出せますが
スターゲイザーで作成できます。

ドラコニックチャートは進行図です。
進行形式は一度一年黄経法。
トゥルーノード(真位置)を使用します。
Pノードがひとつのサインを運行するのに30年、
ホロスコープを一周するのに360年かかります。


ドラコニックチャートではPノードが牡羊座0度になるタイミングを
始原としてピックアップします。

jikihyo-11.jpg
これは私のPノードの時期表なのですが
1609年6月20日21時と
1969年6月21日01時のプログレスチャートは一周して同じものに
なります。

私自身はドラコニックチャートは持ちません。
なぜならネイタルチャートのノードの度数がほぼ
牡羊座0度だからです。
蟹座0度にnノードがある人は90年さかのぼったチャートが
ドラコニックチャートになります。

自分自身の実感としては
Pノードが牡牛座に渡った
1999年初夏がインパクトがありました。
占星術関連の知り合いが一気に増えた年でした。
牡牛座0度にはn太陽があります。
Pノードのサインイングレスは30年に一度で
そこをチェックするのも興味深いです。
魚座0度にnノードを持つ人であれば
30歳のときにPノードが牡羊座0度を通過します。

ドラコニックチャートを読む意義についてですが
自分がもともとどういった流れを汲む者か、
どんな系統に属しているのか、といったことをイメージしたいときに
ヒントをくれるのではないかと思います。

川に例えるなら、秋川や浅川といった多摩川水系の川が
水源の地の奥多摩はどんな場所だろうと推測するものでしょうか。
〇〇系というような系統、系譜といったもの。
家系をこえて、巨視的に流れを俯瞰することになります。
今の自分が存在するまでに、膨大な人々を経たわけですが
その人たちはどういった流れにいて、
現在の自分はどういった流れにいるのか、
どこに向かって流れていくのか。
出生図とシナストリーで変遷を見ても良いですね。

草舟あんとす号へ行ってきました。 [その他]

一昨日、小山さんの星と水晶の会に参加しました。
場所は草舟あんとす号さん。
とても心地よい場所でした。

お隣は花屋さん。

あんとすIMG_3322.jpg

植物関連の書籍が並んだ本棚。

Iあんとす2MG_3324.JPG

ぜひ一度足を延ばしてみてくださいね。


小山さんの水晶リーディング会は
視えたイメージをみんなでシェアします。

水晶で視える映像は
「これは一体どういう意味なの?」と
首を傾げたくなるものばかり。

脳裏に浮かんだシンボルは自由な妖精のようなもので
型にはめられたり手垢のついた解釈を嫌います。
メッセージはわかりにくい形で現れますが
小山さんが上手に導いてくれます。

一昨日もぎんこさんがホバリングする蜂のイメージを視たとき
占星術で扱う天体のシンボルには虫も含まれている
という話になりました。

小惑星が支配する動物、鳥、虫、植物をシェアしたいと思います。

<セレス>
動物・・・イルカ、豚
鳥 ・・・ハト、ツル
虫 ・・・アリ
植物・・・穀類、粒、コーン、ケシ

<パラス>
動物・・・ユニコーン
鳥 ・・・フクロウ、おんどり
虫 ・・・カブトムシ、スカラベ(フンコロガシ)
植物・・・オリーブ、アイリス(アヤメ)

<ジュノー>
動物・・・雌牛(乳牛)
鳥 ・・・クジャク、カッコウ
虫 ・・・ハチ
植物・・・ザクロ、バラ、ユリ

<ベスタ>
動物・・・鹿、ロバ
鳥 ・・・ナイチンゲール、トキ
虫 ・・・クモ
植物・・・月桂樹、オーク(樫の木)

余談ですがいろいろ調べていて、セレスが便通を司っていたことを
はじめて知りました!
セレスは穀物の女神ですが日本神話にもオオゲツヒメという穀物の女神がいます。
オオゲツヒメはお尻から食べ物を出して調理していたのをスサノオに見られ
切り殺されてしまうのですが、共通点がありますね。

ハーモニクス占星術講座のお知らせです。 [占星術講座]

東久留米のたかはしゆうこ先生主催による
「ハーモニクス占星術講座」をさせて頂くことが決まりました。

ハーモニクス占星術はワクワクします。
出生図では読み取りづらい情報が
ハーモニクスで強調され、説明がつくことも多いです。

今、ハンブリン氏の「THE  SPIRIT OF NUMBERS」という
ハーモニクスの本を読んでいるのですが
同じ系列のHNナンバーでグループ分けをし、
アスペクトフォームに書き入れるという手法をとっていて
初級でも比較的わかりやすいように感じました。
チャートを読むのはむずかしいですからね。

それぞれのHN図にどんな特徴を持っているか、いつ突出してあらわれるか。
倍音の波に乗るのはエキサイティングな体験です。
普段は気づかない自分の潜在的な要素を開発していきましょう。

------------------------------------------------

<ハーモニクス占星術講座>

日時:2017年6月18日(日)13:00-16:00

場所:Sunmoon Flower Essence Cafe
    吉祥寺駅より徒歩5分

料金:7000円

定員:8名

詳細、お申込みはたかはしゆうこ先生まで
http://ameblo.jp/yu-dutsu/entry-12272686318.html
申し込み先はこちら
https://www.reservestock.jp/events/186906

どうぞよろしくお願いいたします。

星の研究会57 [占星術講座]

星の研究会のお知らせです。

今回のテーマは相性ですが、
どんなポイントを取り上げようか思案中です。
リクエストを頂けたら嬉しいです。

<第39回 星の研究会>


日時:2017年6月13日(火)13:15~15:45


参加費:5000円


場所:恵比寿


テーマ:相性


定員:15名


お申し込みは、おーぷん・ざ・せさみず まで

http://sesamis.jimdo.com/


どうぞよろしくお願いいたします。

 


手作り作家のイベント「花園」のお知らせです。 [その他]

上野の古民家ギャラリー「GALLERY心」にて
手作り作家たちのイベント「花園展」が開催されます。

いつも占星術実践講座に参加してくださっているkobayashiさんの作品も
多数展示されています。

<花園 [袋物と装身具」>

日時:2017.5/12(金)-5/21(日) 11:00-18:00


----------------------------------------------------

1月の講座のときにはkobayashiさんはまだ出展を迷われていて
アストロダイスに質問されました。

「花柄をテーマにしたバッグや小物のイベントに出るか出ないか迷っている、
これまで花柄のものは作ったことがない。
出たらどうなるか、出ることによって今後プラスになっていくのか」

アストロダイスの出目は牡羊座、木星、火星、5ハウス。
全員が思いきってチャレンジしては、とアドバイスしました。

杉山さん・・・勢いにまかせて表現していけばいい
彩ぎんこさん・・・女子っぽくない気がする。男子花。男前な花のイメージ。
うーちゃん・・・男子が持っても良い感じ。彼氏とお揃いで持てるようなもの。
        粗削りで自由なデザイン。
あんとす堂さん・・・プラスになる。新しいことをすること、新しいやり方に抵抗感がなくなる。ノリよくやってみては。
いおりさん・・・冒険してもいい。新しいものを吸い込み、新境地を開く。
        苦手なことでもやったもの勝ち。
ちゃぼさん・・・やった方がいい。苦手なこともやればできる。
        南国、熱帯のお花のデザインのイメージ 。

男子花ってどんなの?と大笑いしましたが、
今回のイベントでは、ご主人が制作に携わり
一点一点、帆布のバッグに布用ペンで植物を手描きされています。

kobayashiさんのご主人は
「ぱすてる」など著作多数の漫画家・小林俊彦先生。

線画はごまかしがきかず、難しいものですが
デッサン力とセンスの良さに驚きました。

花柄だけど可愛い系ではなく、
ロマンティックでガーリーな花柄に気後れ感を持ってしまう人も抵抗なく持てそう。

ほかの出展者さんの作品もホントに素晴らしく、心惹かれるものが多かったです。
全体的にデコラティブでまさに百花繚乱という印象でした。
そのなかでとりわけシンプルなkobayashiさんの作品は普段づかいしたくなる
ナチュラルさが際立っていました。

詳しくはkobayashiさんのブログをご覧ください。
http://koganeiseikatu.hatenablog.com/?page=1494216534

21日まで開催しているのでお近くまでいらしたら、ぜひ足を延ばしてみてくださいね。

オーストラリア大陸