So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

n太陽とt天王星の0度の時期について② [トランジット]

太陽-天王星の星回りは多くの人にシェアしてもらっているのですが
千差万別だなと思うことも。

一番多いエピソードを順番にご紹介しますね。

①夫(または父親・子ども)の転職、独立・開業

ほとんどの女性は太陽を夫に投影しているのだなと
気づかされますが、いちばんご報告が多いのではと思います。
やはり収入の大半を夫が担っていて、
新しい環境でがんばってもらえるのかどうか
妻としては不安になります。
夫の転職などを機に妻が働きはじめるトランシットでもあります。

②夫(または父親・子ども)と価値観が合わなくなる。

太陽(夫)のイメージを天王星が刷新するので、
現状のままでは夫と末永く暮らしているイメージが持てなくなり、
離婚や別居を選択する人も。
自由や新たな自己表現を求めるトランシットで
相手の常識や制約に収まりきらなくなります。

③職種、専門、専攻を変える。

単に仕事を変えるだけでなく、職種そのものを
大きく変えることがあります。
学生の人は専攻を変えたり、退学して別の学校へ
入り直したり、学業とはまったく畑違いの道を歩む人も。

④課外活動に魅力を感じ、本業より夢中になる。

メインの仕事以上に魅力を感じるものが出てくる。
科学、テクノロジー、占星術などへの興味。

⑤頭でっかちになる。合理主義。
 
 精神は気張っているが身体が追い付かずオーバーヒートしがち。
 心臓関連の疾患に注意。

⑥唐突な予測のできない変化、別離。
 
 やむを得ず仕事のスタイルを変えたり、
 組織を一度、解散する場合も。


ロバート・ハンド氏はn太陽-t天王星0度の星回りについて
このようにアドバイスしています。

「破壊的になる必要はないけれども、制約や制限に対して
辛抱がきく時期ではない。自分自身、どのように変わるべきか
自分の人生をじっくり見極めるべきだし、
あまりに頑固になることは避けなければならない。」


おそらくこの星回りは柔軟性があった方が上手く対処できるのでしょうが、
もともとが頑固で融通のきかない牡牛座で起きるということで、
どのように変化できるか、ということが焦点になるでしょう。



nice!(3)  コメント(5) 

nice! 3

コメント 5

ぽろん

すず先生、昨年は大変お世話になりました。
ありがとうございます!!
今年もどうぞよろしくお願いいたします!!!

太陽合天王星が巡ってくるのですねーーー。
さらなる脱皮と飛躍おめでとうございます°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°

わたしは2019年に水瓶太陽スクエア天王星になります。
土星山羊入りからの2020年までに気をとられていて
水瓶太陽スクエア天王星は忘れておりました
by ぽろん (2018-01-03 11:37) 

リマーナすず

☆ぽろんさん、コメントありがとうございます!

昨年は大変お世話になりました!
今年もお世話になりますので
引き続きどうぞよろしくお願いいたします!!!

>太陽合天王星が巡ってくるのですねーーー。
>さらなる脱皮と飛躍おめでとうございます°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°

かなり頑固なのを自覚しているので
脱皮というのが大変だなあ、、、って感じてますよ~

>わたしは2019年に水瓶太陽スクエア天王星になります。
>土星山羊入りからの2020年までに気をとられていて
>水瓶太陽スクエア天王星は忘れておりました

1997年とか1998年はどんな年でした?
水瓶座生まれにとって天王星は支配星なので
より直接的に効くと思います。
私はn太陽□t天王星は経験しています。
ちょうどスタゲイザーとNECのPC98を手に入れたころで
(当時SGは98でしか動作しなかったという暗黒時代でした)
手計算から卒業・・・と思いきや、使いこなせず
相変わらず手計算してました(笑)
なにか画期的な変化があるかもしれませんね!


by リマーナすず (2018-01-03 16:43) 

ぽろん

>今年もお世話になりますので
引き続きどうぞよろしくお願いいたします!!!

こちらこそ!どうぞよろしくお願いいたします!!!


スタゲのディスクがとっても大きかった時代でしたっけ。
手計算、辛いものがありましたねぇ・・・。

ちょっと調べてみました!
1997年は夫が海外に単身赴任(太陽合天王星のタイミング)
1998年は息子を出産しています。
そして1999年はわたしと息子も海外へ。

ついでに気づいたのですが、
わたしはICにtヘッドが合したタイミング(1997年)で妊娠
(そのときは流産したので
出産には至りませんでしたが)してました!
先祖から子孫を残せ―と言われていたのですね(笑)。


どれもこれも、星そのまますぎて
いつもながらびっくりです。

太陽スクエア天王星、どうでるか、
期待半分、ふんどし締め直す気分半分です。


今年はn月合金星、n木星にt天王星で
グランドトラインができますが、

ずっとn月合金星の上にt土星がいてて
同時にn土星とt土星はスクエアもできるし、
n火星の上にはt火星がいるし、

カーディナルクロスからずっと、
トランジットが激しくて、
息つく暇がありません(笑)。




by ぽろん (2018-01-04 18:01) 

ぽろん

すみません。最後の一文訂正します。

n火星の上にはt海王星がいる

です。
by ぽろん (2018-01-04 18:06) 

リマーナすず

☆ぽろんさん、コメントありがとうございます。

調べてくださったんですね~
ありがとうございます!参考になります^^

>ついでに気づいたのですが、
>わたしはICにtヘッドが合したタイミング(1997年)で妊娠
>(そのときは流産したので
>出産には至りませんでしたが)してました!
>先祖から子孫を残せ―と言われていたのですね(笑)。

その子がおなかに入ったのは
ちゃんとした意味があるのだと思います。
推し量れないですが、
弟のためにおなかの様子を見にきたのかな・・・

>今年はn月合金星、n木星にt天王星で
>グランドトラインができますが、

>ずっとn月合金星の上にt土星がいてて
>同時にn土星とt土星はスクエアもできるし、
>n火星の上にはt海王星がいるし、

派手なトランシットですね・・・
でもがっつり仕事しそう。
ぽろんさんも私も徳田純子さんも
ミュータブルの近い度数に
n火星があるので、t海王星が
どう働くか気にかかります^^;;
お互い身体に気をつけてがんばりましょう。



by リマーナすず (2018-01-05 18:01) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

オーストラリア大陸